脱毛後の肌に日焼けは厳禁!
脱毛サロンで脱毛したらお手入れは終わりということではありません。
夏の時期は特に肌は日焼けがしやすいですが、脱毛後の肌に日焼けは危険ですので気をつけてください。
脱毛した後に絶対に日焼けをしてはいけない理由の一つは、脱毛後の肌は非常に敏感になっているからです。
敏感になっている肌に紫外線があたってしまうと、肌は普段以上に反応してトラブルを起こしかねません。
せっかく脱毛をして肌がきれいになったのに、紫外線が原因で真っ赤になってしまっては美肌ではありません。
もともと敏感肌ではない方は特に日焼けについて気にならなかったかもしれませんが、脱毛の後の肌は普段とは状況が異なります。
敏感になった肌を守るために日焼け対策はしっかり行うようにしてください。
もう一つ、日焼け対策を行わなければならない理由は、次の脱毛の時に効果を出すためです。
脱毛サロンが使っている脱毛器は光脱毛が主流ですが、光脱毛はムダ毛の黒い部分に反応して毛を焼き切ります。
肌が白ければムダ毛の黒い部分に反応しやすいですが、肌が黒く日焼けしてしまうとムダ毛との区別がつかなくなります。
脱毛器の反応が悪くなれば施術をしてもムダ毛がなかなかきれいになりません。
脱毛は一回では終了するものではなく、何回か脱毛することによって効果が現れます。
一度日焼けをしてしまうとまた白くなるまでにはかなりの時間がかかりますから、日焼けをしないように脱毛処理中は日焼けから肌を守ることを一番に考えてください。

ちなみに私の場合、浜松で脱毛サロンを探していたので、以下のランキングサイトを参考にしました。

浜松で脱毛するならココ